2022年 08月20日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.07.29 08:35

富田小児科(高知市)月末閉院 高知の子 診て72年

SHARE

「子どもが病院嫌いにならんように」。柔和な笑顔で赤ちゃんを診察する富田英嗣院長(高知市の富田小児科)

「子どもが病院嫌いにならんように」。柔和な笑顔で赤ちゃんを診察する富田英嗣院長(高知市の富田小児科)

 地域の子どもたちの診療を72年間続けてきた富田小児科(高知市升形)が7月末で閉院する。2代目の富田英嗣(えいじ)院長(75)が高齢などを理由に決断。「高知の子どもたちが元気に育っていってくれれば。長いことお世話になりました」と感謝を込めている。

 同医院は、富田院長の父親で県立中央病院小児科長を務めた故・信正さんが1950年に開業した。富田院長は東京慈恵医大大学院で小児血液を専門に研究。神奈川県内の公立病院勤務などを経て79年に帰郷し、32歳で院長に就いた。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 すこやか子育て 医療・健康 ひと・人物

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月