2022年 08月20日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.07.02 08:40

夏彩る黄金色 「きび街道」に行列も 高知・いの町枝川

SHARE

黄金色にゆで上がったトウモロコシ(いの町枝川)

黄金色にゆで上がったトウモロコシ(いの町枝川)

 夏空の下で輝く黄金色の実―。吾川郡いの町枝川の八代地区の道沿いに、ゆでたてのトウモロコシを並べる露店が立ち、連日、多くの客が訪れている。

 「きび街道」と呼ばれ、毎年5月下旬から店が出始める。30年ほど前のピーク時は10軒以上が並んだが、高齢化などの影響で現在は3軒ほど。それでも多い日には60~70人の行列ができる。

 水田善道さん(66)の店では、朝どれのトウモロコシをスタッフがせっせと塩ゆで。一粒一粒がぎゅっと詰まったぷりぷりの実にかぶりつくと、口いっぱいに甘みが広がった。

 「梅雨の長かった昨年より天候に恵まれて品質がいい」と水田さん。7月上旬まで営業するという。(谷川剛章)

高知のニュース いの町 季節・気候 グルメ

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月