2022年 08月20日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.06.30 08:38

父が描いた牧野博士「時がたってもすてき」 画家・榑松さんの息子3人、高知市で絵と対面

SHARE

父が描いた「書斎の牧野博士」を見つめる(右から)榑松三郎さん、太郎さん、次郎さん=高知市の県立牧野植物園

父が描いた「書斎の牧野博士」を見つめる(右から)榑松三郎さん、太郎さん、次郎さん=高知市の県立牧野植物園

 自宅書斎で研究に没頭する牧野富太郎博士を描いた東京の洋画家、榑松(くれまつ)正利さん(1916~2008年)の息子3人がこのほど、「父が描いた博士を死ぬ前にもう一度見たい」と高知市の県立牧野植物園を訪れ、博士と榑松さんの交流に思いをはせた。

 1948年の作品「書斎の牧野博士」。東京・練馬区の自宅の書斎で山積みの書物や標本に囲まれ、ヒガンバナをスケッチする86歳の博士が生き生きと描かれている。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 美術・アート 牧野富太郎

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月