2022年 08月20日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.06.30 08:32

スッポン、大岐の浜で産卵 ウミガメより一足早く 高知県土佐清水市

SHARE

スッポンの卵を保護する小高麻君。ウミガメより一足先に産卵が確認された(土佐清水市大岐)

スッポンの卵を保護する小高麻君。ウミガメより一足先に産卵が確認された(土佐清水市大岐)

 アカウミガメの産卵地として知られる土佐清水市の大岐の浜でこのほど、スッポンの卵が見つかった。同市内では今季、ウミガメの産卵は未確認。一足早い〝先客〟に、保護活動をしている地元有志も喜んでいる。

 ウミガメの見守りを30年ほど続ける岡田幸生さん(73)によると、スッポンは砂浜北端を流れる大岐川に生息。浜では、2年に1度ほど産卵が確認されている。

 28日午前6時ごろ、親子で産卵の見回りをしていた小高良作さん(50)=上野=と長男の麻(あさ)君(9)がカメが歩いたとみられる跡を発見。波打ち際から約50メートルの地中で、ウミガメの卵より一回り小さい直径約2センチの38個を確認した。連絡を受けた岡田さんも駆け付け、損傷を防ぐために人通りの少ない場所に卵を移動させた。

 2カ月ほどでふ化するといい、「これからも、生き物が産卵に来られるような環境を守っていきたい」と岡田さん。「カメはガメラみたいでかわいくて好き」という麻君も「見つけられてうれしかった」と笑顔だった。(小笠原舞香)

高知のニュース 土佐清水市 動物・生き物

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月