2022年 06月28日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.05.29 08:35

大学誘致説明会が紛糾 発言打ち切りに住民反発 高知県四万十市

SHARE

中平正宏市長=中央奥=らに詰め寄る大学誘致説明会の出席者(四万十市下田)

中平正宏市長=中央奥=らに詰め寄る大学誘致説明会の出席者(四万十市下田)

 高知県四万十市による京都看護大学の四万十看護学部(仮称)誘致計画で、市は27日夜、誘致先となる下田地区住民への説明会を開催した。席上、市側が住民らの質疑を打ち切ろうとしたため会場は紛糾。中平正宏市長が一時住民に取り囲まれるなど混乱した。

 計画では、同学部は看護系単科の4年制。1学年80人で、教職員を含めた規模は約400人。中医学研究所と、市立中学校の統合に伴って下田小学校内に今春移転した下田中の旧校舎を活用し、2023年4月の開学を目指している。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 四万十市 大学 医療・健康 教育 行政

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月