2022年 06月27日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.05.28 08:35

東京の街の“今”描く シンガー・ソングライター 竹内藍(南国市出身)

SHARE

新型コロナでライブ活動も制限され、「アルバム制作に支えられた」と話す竹内藍(高知新聞社=山下正晃撮影)

新型コロナでライブ活動も制限され、「アルバム制作に支えられた」と話す竹内藍(高知新聞社=山下正晃撮影)

5年半ぶりフルアルバム「ロマンとファントム」
 南国市出身のシンガー・ソングライター、竹内藍が5年半ぶり、4枚目となるフルアルバム「ロマンとファントム」をリリースした。新型コロナウイルス禍と制作が重なり、「今、自分が感じていることを作品に落とし込みたい」と書き下ろした4曲を含む全11曲を収録している。

 1984年生まれ。岡豊高校卒業後に上京。爆風スランプのベーシスト、和佐田達彦のプロデュースで2007年にデビューした。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 南国市 ひと・人物 音楽

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月