2022年 06月27日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.05.23 08:35

南国市の掩体を未来へ残そう 有志が清掃、木造写真も紹介

SHARE

掩体清掃で木材などを運び出す参加者(南国市前浜)

掩体清掃で木材などを運び出す参加者(南国市前浜)

 太平洋戦争時に高知県南国市前浜に造られた軍用機の格納庫、掩体(えんたい)で22日、有志や市による清掃活動が行われた。掩体内には大量の木材などが放置されており、参加者は作業を通じて、平和の尊さや戦争遺跡の保存の在り方を考えた。

 清掃を呼び掛けたのは本県出身の元海軍航空隊員、故赤松貞明さんの記念館開設に取り組んでいる準備会代表、福井正洋さん(40)=高知市。昨年5月に続き2回目で、現存する7基のうち、最も大きい4号掩体で作業した。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 南国市 語り継ぐ戦争・戦後

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月