2022年 07月05日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.05.22 08:00

小社会 皇帝の少子化対策

SHARE

 市民社会の成熟が少子化につながる傾向は、古代ローマ帝国のころからあったらしい。作家の塩野七生さんは「ローマ人の物語」で「子を産み育てることの他に、快適な人生の過ごし方が増えた」と背景を分析する。

 初代皇帝アウグストゥスも少子化には随分と頭を悩ませたようだ。指導者層のキャリア形成で既婚者や子持ちを優遇したり、子や孫の多い老人を顕彰したり。税や相続で独身者が不利な法律までつくったというから、まさにあの手この手。

 子ども政策の司令塔となる「こども家庭庁」の設置法案が衆院を通過し、今国会で成立する見通しだ。来年4月に発足して少子化や虐待、貧困などの課題に取り組むという。子どもを大切にする社会づくりに異論のある人はいまい。

 ただ、どれも重い課題だ。政府が長年取り組んできた少子化問題もなかなか好転しない。女性1人が生涯に産む推定人数「合計特殊出生率」も回復の軌道に乗らず、2020年生まれの赤ちゃんは統計上最少の約84万人まで減った。

 岸田政権は施策充実へ「予算倍増」を掲げるが、肝心の財源は不透明なまま。文部科学省が所管する教育などとの、省庁間の垣根も残る。子育て世代の賃金伸び悩みも避けては通れないテーマだろう。

 子どもを望む人が産み育てやすい環境にどうつなげるか。組織をつくっても成果が上がらなければ「実績」とは言うまい。皇帝もうなる妙案はありやなしや。


5月22日のこよみ。
旧暦の4月22日に当たります。きのと ゐ 六白 先勝。
日の出は5時01分、日の入りは19時04分。
月の出は0時30分、月の入りは10時56分、月齢は21.3です。
潮は小潮で、干潮は高知港標準で4時48分、潮位109センチと、17時13分、潮位38センチです。
満潮は9時54分、潮位146センチです。

5月23日のこよみ。
旧暦の4月23日に当たります。ひのえ ね 七赤 友引。
日の出は5時01分、日の入りは19時05分。
月の出は1時08分、月の入りは12時04分、月齢は22.3です。
潮は小潮で、満潮は高知港標準で0時38分、潮位151センチと、11時30分、潮位136センチです。
干潮は6時25分、潮位103センチと、18時30分、潮位51センチです。

高知のニュース 小社会

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月