2022年 06月27日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.05.20 08:35

「後輩に場所残したい」宿毛高、たった一人のレスリング部員奮闘 1年・中村さん、廃部の危機救う

SHARE

すくもレスリングクラブ出身者で初めて県体に出場する宿毛高1年の中村公紀さん=右。「楽しみたい」と練習を重ねる(宿毛市与市明の同校)

すくもレスリングクラブ出身者で初めて県体に出場する宿毛高1年の中村公紀さん=右。「楽しみたい」と練習を重ねる(宿毛市与市明の同校)

 22日に行われる県高校体育大会(県体)レスリング競技に向け、宿毛市の宿毛高校でたった1人の部員が練習に打ち込んでいる。1年の中村公紀(こうき)さん(15)。寡黙な少年の胸には熱い思いが秘められていた。「後輩がレスリングをできる場所を残したい」―。

 2002年のよさこい高知国体でレスリング会場になった同市。12年には「すくもレスリングクラブ」、20年には宿毛市レスリング協会が発足するなど、レスリングが地域を代表するスポーツの一つになっている。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 宿毛市 県体 高知のスポーツ

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月