2022年 07月06日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.05.08 08:35

顔隠れる! 直径60センチヒトデ 須崎市安和―見たり聞いたり

SHARE

 須崎市安和の海岸で5日、巨大なヒトデ=提供写真=が捕れた。兵庫県西宮市から、安和の祖父母宅に帰省していた山崎芽生(めい)さん(12)がシュノーケリング中に見つけた。直径60センチほどで、「顔がすっぽり隠れちゃう!」と大興奮だ。

 黒潮生物研究所の研究員、古井戸樹(たつき)さん(36)によると、正体はコブヒトデモドキ。県内でもよく見られる大型のヒトデだが、一般的な直径は40センチほど。「これほど大きいのは珍しい」という。

 弟の輝(ひかる)君(7)は「連れて帰る」と張り切っていたが、さすがに大きすぎると海に返したとか。ヒトデと言えば、サンゴを荒らすオニヒトデが悪名高いが、古井戸さんは「これは悪さをするヒトデではない。安心してください」。(佐藤邦昭)

高知のニュース 須崎市 動物・生き物

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月