2024年 07月21日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

高知新聞PLUSの活用法

2022.04.29 08:45

【動画】高知市の五台山展望台ありがとう…最後の24時間 デートしたがよ/「100万ドル」とは言わんですけど/言い尽くせません

SHARE



 高知市の五台山にある展望台が、28日午後5時で約半世紀の歴史に幕を閉じた。耐震不足への懸念を受けた県の突然の閉鎖発表から、わずか3日。デートや遠足など思い出をかみしめる人が続々と訪れ、「ありがとう」「目に焼き付けちょく」と別れを惜しんだ。最後の24時間を点描する。

※ギャラリーにウェブ限定写真などを掲載しています。

それぞれの思い出に浸りながら、最後の夜景を楽しんだ(27日午後9時50分ごろ、いずれも高知市吸江、森本敦士撮影)

それぞれの思い出に浸りながら、最後の夜景を楽しんだ(27日午後9時50分ごろ、いずれも高知市吸江、森本敦士撮影)

 展望台は1969年から82年まで民間ロープモノレールの乗降場。展望台となってからも、市内屈指の夜景スポットとして親しまれてきた。

 27日夕、ワイシャツ姿の男性が現れた。市内の宮川啓さん(61)。「閉まるって聞いて、行かないかんと思うて」駆け付けた。「高校時代にモノレールでダブルデートしたがよ。彼女の顔ばっかり見てて、景色は覚えてない」と苦笑い。分厚い雲を眺め、「いろんな人のドラマがあるがやないろか。一つの時代が終わったよう」とぽつり話した。

 やがて仕事終わりの人も増えてきた。眼下の街が輝きを増した午後7時すぎ。肩を寄せ合いカップルが訪れた。市内の女性(34)と夫。2人が初デートでここを訪れたのは15年前の12月25日。以来、毎年同じ日に足を運んできたという。「あれから何年だね、なんて話して。今年は言い合えないのが寂しい」と、夜景を目に焼き付けた。

 「記録に残しちょきたい」とカメラを抱えた人も続々。三脚を据えた香南市の中野照代さん(53)は「高知の夜景と言ったら、ここ。『100万ドルの』とは言わんですけど、本当にいい」としみじみ。以降も遅くまで家族連れやカップルが次々と訪れた。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 観光

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月