2022年 07月02日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.04.11 08:35

捨てられる木に価値を 林業・デザイナー 伊藤啓太さん(25)佐川町―ただ今修業中

SHARE

デジタル工作機械で木を加工する伊藤啓太さん。「地域の木を地域のために生かしたい」(佐川町庄田)

デジタル工作機械で木を加工する伊藤啓太さん。「地域の木を地域のために生かしたい」(佐川町庄田)


 風が木々をこするほかに、音もない高岡郡佐川町の山あい。そこにかつては納屋だったというアトリエがある。

 室内に並ぶ工作機械の一つがウイーンと静寂を破り、クレーンゲーム機のように動き出した。アームの先端のドリルが、木の板を自動で削っていく。5分ほどで、長さ約30センチのカッティングボード(まな板)が出来上がった。「こうすれば捨てられる木も商品になるんです」。設計者は控えめにはにかんだ。

 ◆

 茨城県出身。文房具のデザインにひかれ、宮城大学デザイン情報学科に進学した。そこで学んだのが「デジタル・ファブリケーション」。3Dプリンターやレーザーカッターといったデジタル工作機に設計データを入力し、木材などを加工する技術だ。「自分がデザインしたものをすぐ形にできる」とのめり込んだ。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 佐川町 ただ今修業中 ひと・人物 林業

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月