2022年 07月06日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.03.27 08:35

おしゃべりの花咲く店 住民憩う「愛ちゃんストア」 「お客さんが来てくれる。それがうれしい」種崎(高知市)―ちいきのおと(64)

SHARE

笑顔で接客する浜口美佐子さん。「きょうのおすすめはブロッコリー」(写真はいずれも高知市種崎)

笑顔で接客する浜口美佐子さん。「きょうのおすすめはブロッコリー」(写真はいずれも高知市種崎)

 トンビが気持ちよさそうに空を飛んでいる。浦戸湾を渡ってきた県営渡船の汽笛が響く。高知市種崎。船着き場の前の道を真っすぐ進んだ先に、お年寄りの憩いの場になっている「愛ちゃんストア」がある。「はいっ! いらっしゃーい」「今日はアマダイがおいしいがよ。まけちゃお」。店主の浜口美佐子さん(72)の笑顔が今日もはじけている。

 種崎で唯一の食料品店。倉庫のような造りで、看板はなく、存在を知らなければ通り過ぎてしまいそうだ。

 浜口さんは毎朝3時に起床。弘化台の市場で商品を仕入れ、午前6時ごろにはシャッターを開ける。安い日にはキュウリやニンジン、レタスなどを100円で、ホウレンソウやチンゲンサイなどを50円で並べる。通りを挟んだ自宅の1階も店で、こちらでは鮮魚やおでん、カップ麺などが売られている。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 ちいきのおと

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月