2022年 07月05日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.01.26 08:26

〈シャモライス〉甘じょっぱい家庭の味 ほっこり味めぐり(18)酒処さかえ(南国市後免町2丁目)

SHARE

南国市特産の「ごめんケンカシャモ」を使ったシャモライス。ごま油の香ばしさが食欲をそそる(写真はいずれも南国市後免町2丁目の酒処さかえ)

南国市特産の「ごめんケンカシャモ」を使ったシャモライス。ごま油の香ばしさが食欲をそそる(写真はいずれも南国市後免町2丁目の酒処さかえ)

 柳が揺れる舟入川沿いの住宅地。日暮れとともに、軒先のちょうちんに「ぽっ」と灯がともる。1973年から営業する「酒処さかえ」。地元の人たちが晩ご飯代わりに立ち寄る、後免町商店街の老舗店だ。

 看板は、おかみの吉永ひろ子さん(72)と、長男で2代目の栄治さん(46)が手作りする総菜。サトイモの唐揚げやナスの煮物、ブリカマ…。優しい家庭の味が老若男女に愛されている。

 「かみ応えがあって大好き。いっつも頼みゆう」。両親と来ていた小学生のきょうだいが、ぱくついていたのがシャモライス。100%純血種の市名物「ごめんケンカシャモ」が入った人気メニューだ。

下町の薫り漂う店は地元民の憩いの場所。家庭の味をさかなに会話が弾む

下町の薫り漂う店は地元民の憩いの場所。家庭の味をさかなに会話が弾む

 見た目は普通のオムライスのようだが、中はしょうゆで味を付けたシャモご飯。細かく刻んだニンジン、タマネギを合わせ、ごま油で炒めてある。シャモは香ばしく、お米も2合とボリューム満点。

 ひろ子さんの夫で、先代の博さんが10年ほど前に始めた「さかえライス」がベース。市の名物を発信しようと、鶏肉の代わりにシャモ肉を使うようになった。博さんは6年前、68歳で他界したが、常連客によると「甘じょっぱい、昔のまんまの味」。ひろ子さんは「家で作りよったおかずの味やき、変わらなあね」と笑う。

 酒場詩人の吉田類さんや南海キャンディーズの山里亮太さんも訪れた、下町の飲み食いどころ。「シャモライス」と描かれた大きな赤い看板が目印だ。(香長総局・横田宰成)

 【メモ】シャモライスは880円。営業時間は午後6~11時、日祝定休。南国市後免町2丁目8の3。電話088・864・3972。

高知のニュース 南国市 グルメ ほっこり味めぐり

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月