2022年 05月25日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.01.23 08:35

〈鍋焼きうどん〉小麦香るこだわりの麺 ほっこり味めぐり(16)三里うどん本舗(高知市十津2丁目)

SHARE

アツアツの鍋焼きうどん(写真はいずれも高知市十津2丁目)

アツアツの鍋焼きうどん(写真はいずれも高知市十津2丁目)

 寒い日は、アツアツの鍋焼きうどんで体も心もポカポカに―。三里うどん本舗(高知市十津2丁目)は、香川出身の店主が出すこだわりの一杯が評判の店。自家製麺に豚バラ肉やエビなど具材をのせ、ぐつぐつと運ばれてくる鍋焼きも自慢の一品だ。

 「高知は熱いうどんが好きな人が多いみたい。夏場も鍋焼きの注文が入る」と話すのは店主の河津忠さん(66)。香川で建設会社を経営していたが、バブル崩壊のあおりで会社を畳み、趣味のうどんを仕事にしたという経歴の持ち主だ。その後、息子夫婦が暮らす高知へ。今の店を始めた。

こだわりの自家製麺でうどんを作る河津忠さん

こだわりの自家製麺でうどんを作る河津忠さん

 麺には、香川の製粉会社が讃岐うどん用に作った最高級の小麦粉を使用。水にもこだわり、毎朝こねる。一晩熟成してグミのような強いコシを引き出す。

 「のどごしと鼻から抜ける小麦の香りを楽しんでほしい」。ゆでたて麺に具材をのせ、いりこや昆布などでだしを取ったつゆを入れて煮立てれば完成だ。ふうふうとかき込めば、おなかの中から温まる。本場の味を堪能できる。

 冷たい麺に熱いつゆをかけた「まかないうどん」(=ひやあつ)、だしを使った中華そばもおすすめで、忠さんは「いつも『おいしかった』と感じてほしいだけ」。店を手伝う妻の和子さん(66)も「やりたいようにやらせてあげたい」と穏やかに笑う。

 今の店を開いて今年で10年。一杯へのこだわりも変わらずアツアツだ。(報道部・坂本 出)

 【メモ】鍋焼きうどんは700円。営業は平日午前11時~午後2時、土日は午前8時(4~9月は午前7時)から。不定休。十津2丁目4の11。電話088・855・7003。

高知のニュース 高知市 グルメ ほっこり味めぐり

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月