2022年 05月21日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.01.22 08:00

小社会 黙って降る雪

SHARE

 日本が一番寒い季節となり、思い出すのは東北地方を旅したときの豪雪の風景だ。積雪など年に一度あるかないかという南国土佐の人間が、雪国の本当の過酷な生活を知りもせず、雪へのあこがれを書く無礼をお許し願いたい。

 旅とは自ら暮らす日常から脱出し、見たこともない風景に目を洗われることに意義もあるのではないか。あの下に何メートルあるかも分からない、純白の景色を見た衝撃は忘れない。

 「雪」といえば、三好達治の同名の詩がある。〈太郎を眠らせ、太郎の屋根に雪ふりつむ/次郎を眠らせ、次郎の屋根に雪ふりつむ〉。これほど雪の清廉さを詠んだ詩もあるまい。

 「しんしんと」などと月並みな擬音語は一つもない。「音もなく降り積もるのが雪。詩人たちが雪の降る音を聞き取らないのが真実だろう」(塩田丸男「日本詩歌小辞典」)。

 お天気博士の倉嶋厚さんにも東北や北海道の雪を、「黙って降る雪」と題した一文がある。青森県のことわざに、「黙って降る雪は余計に積もる」とある。「実際の雪のほかに、人の営みについても言ったものでしょう」と。

 そうした人の営みを聞けば聞くほど南国にはない雪国の生活がしのばれる。コロナ下の日本は全国的に再び将来が見通せない状況に入ったように見える。いま最も不安を抱いているのは受験シーズンが本格化した若者ではないだろうか。大人が万全を尽くして支えたい。


1月22日のこよみ。
旧暦の12月20日に当たります。きのと ゐ 三碧 先勝。
日の出は7時08分、日の入りは17時27分。
月の出は21時32分、月の入りは9時48分、月齢は19.4です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で2時23分、潮位1センチと、14時39分、潮位61センチです。
満潮は8時56分、潮位156センチと、20時25分、潮位151センチです。

1月23日のこよみ。
旧暦の12月21日に当たります。ひのえ ね 四緑 友引。
日の出は7時07分、日の入りは17時28分。
月の出は22時33分、月の入りは10時17分、月齢は20.4です。
潮は中潮で、干潮は高知港標準で2時58分、潮位12センチと、15時22分、潮位57センチです。
満潮は9時28分、潮位153センチと、21時12分、潮位142センチです。

高知のニュース 小社会

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月