2022年 05月21日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.01.21 08:41

コロナ「自宅療養」高知県と高知市が再開 リモート活用、保健所の負担軽減

SHARE

 新型コロナウイルス感染の急増を受け、高知県と高知市は20日から軽症や無症状の患者を対象とする自宅療養の運用を開始した。県内のコロナ対応病床の占有率は同日時点で25・4%だが、重症化リスクのある人の病床を確保しておくため「早めの対応」(県健康政策部)に踏み切った。昨夏の感染「第5波」で実施した自宅療養では保健所業務が逼迫(ひっぱく)した教訓を踏まえ、リモートでの健康観察システムを本格導入し、医療機関と連携した電話診療も拡充。容体が悪化した人を速やかに医療につなげる体制を確保する。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 新型コロナウイルス

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月