2022年 05月25日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.01.22 08:31

高知市出身の浜田さん親子「ミセスオブザイヤー2021」部門グランプリと特別賞

SHARE

「ミセスオブザイヤー2021」グランプリの浜田里々香さん(左)と、母の浩美さん(千葉市の幕張メッセ=浜田さん提供)

「ミセスオブザイヤー2021」グランプリの浜田里々香さん(左)と、母の浩美さん(千葉市の幕張メッセ=浜田さん提供)

 格好良い女性をたたえる「ミセスオブザイヤー2021」の部門グランプリに高知市出身のバレエ講師、浜田里々香さん(31)=東京都中央区=が輝いた。飲食店を経営する母の浩美さん(57)=同=も、別部門で審査員特別賞を獲得。県勢入賞は2人だけで、2人は親子受賞を喜んでいる。

 同コンテストは東京の芸能会社が2020年から開催。各地方予選の代表者が全国大会に出場し、年齢などに応じた3部門でウオーキングの美しさやスピーチ力を競う。

 2人は予選の2カ月前から、ウオーキングの専門トレーナーに学び、浩美さんは筋トレで10キロ減量。神奈川大会に臨むと、里々香さんが婚姻歴のない30歳以上の部門で、浩美さんは婚姻歴がある42~60歳の部門で1位となり、2人そろって昨年11月に千葉市で行われた日本大会に挑んだ。

 大会では、里々香さんはバレエ講師の資格制度の創設を訴え、「バレエ界を変えて、より身近な存在にしていきたい」と力強くスピーチ。優雅なウオーキングも披露し、出場49人の中でトップとなった。浩美さんもシングルマザーとして里々香さんを育てた経験を語り、「無事に育て上げた今、もう一度女性として輝きたい」と堂々訴えた。

 2人で挑戦したことで「親子仲も一層良くなった」と浩美さん。里々香さんは「自分の決意を発信し、新しい一歩を踏み出せた」とにっこり。今後も母娘で、一緒に美しさを追求すると誓った。(五十嵐隆浩)

高知のニュース 高知市 ひと・人物

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月