2022年 07月06日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.01.18 08:31

動物たちも「寒いよう~」ハグでぬくぬく、日光浴…高知県立のいち動物公園 香南市

SHARE

「寒いよう~」と抱き合って暖を取るシロテテナガザル(写真はいずれも香南市野市町大谷の県立のいち動物公園)

「寒いよう~」と抱き合って暖を取るシロテテナガザル(写真はいずれも香南市野市町大谷の県立のいち動物公園)


ヒーターの下の木箱の中で、体を寄せ合うプレーリードッグ

ヒーターの下の木箱の中で、体を寄せ合うプレーリードッグ

 
ヒーターで手を温めながら、日光浴にいそしむワオキツネザル

ヒーターで手を温めながら、日光浴にいそしむワオキツネザル

ぴゅうっ。冷たい北風が頬を刺す。厳しい寒さがこたえるのは、動物たちも同じ。いつもは動物たちの鳴き声でにぎやかな香南市の高知県立のいち動物公園も、しんと静まっている。

 ダイナミックな綱渡りを見せてくれるシロテテナガザルは、姉妹で仲良く抱き合い、じっと動かない。「寒いよう~」と言わんばかりに、こちらを見つめる瞳が愛らしい。

 木箱の中で体を寄せ合っていたのはプレーリードッグ。麻袋をせっせとほぐして作った〝お布団〟の中で、押しくらまんじゅう。もふっとしたシルエットに、ほっこり癒やされる。ヒーターの下で背筋を伸ばすワオキツネザルは、両手を広げてまるで日光浴。おなか丸出しの脱力ぶりに、思わずクスッとしてしまう。

 ついつい「布団から出たくなーい」と弱気になりそうなこの時季。動物たちも春を待ちわびながら、思い思いに冬を乗り切ろうとしている。(小笠原舞香)

高知のニュース 香南市 季節・気候 動物・生き物

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月