2022年 01月29日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.01.12 08:33

「波」が引いた後は…―高知(ここ)に住まう 第1部 県都マンション熱(10=終)

SHARE

まちなかで迎えたマンションの建設ラッシュ。ピークを過ぎるとの見方が強い(高知市内=森本敦士撮影)

まちなかで迎えたマンションの建設ラッシュ。ピークを過ぎるとの見方が強い(高知市内=森本敦士撮影)

 県内でマンション開発を手掛ける複数の業者が打ち明ける。

 「マンションは、完成までに完売するのが理想的。だけど、1年ほど前から販売ペースが遅くなってきた」

 懸念するのは、新築なのに埋まらない「完成在庫」を抱えること。空き戸数が増えると、投資額の回収は難しくなり、値引きなどで販売計画を見直す必要が出てくる。

 「まちなか」ニーズとともに起きた、分譲マンションの建設ラッシュ。建設コストの高騰などで販売価格も上がり、今の主流は3千万~4千万円台になっている。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 高知に住まう

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月