2022年 05月21日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2022.01.06 09:33

高知県立美術館冬の定期上映会「撮影監督 近森眞史 特集」

SHARE

 高知県立美術館の主催。撮影監督近森眞史は高知県出身で日本大学芸術学部映画学科を卒業後、川又昴や高羽哲夫両氏に師事し、「疑惑」、「迷走地図」、「黒い雨」、「男はつらいよ」シリーズなどの助手を勤め、87年「卒業プルーフ」で劇映画デビューしました。95年からは朝原雄三監督作品「サラリーマン専科1~3」、03年からは同じく朝原雄三監督「釣りバカ日誌14~20」を撮影。2010年の「おとうと」以降は日本映画を代表する撮影監督として山田洋次作品を担当しています。
 今回は、近森撮影作品12本を上映します。
開催日 2022年1月19日~23日
場所 高知県立美術館ホール
時間 開場9時半、開演10時、終演19時半
入場料・参加料 1プログラム 前売:1000円/当日1200円
公式HP https://moak.jp/event/performing_arts/content.html

特集 イベント_見に行く

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月