2022年 07月05日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.12.29 08:43

仁淀川のシラスウナギ漁が一変、作業小屋と違法漁具を一掃 長年の課題に終止符 高知県

SHARE

昨年の漁期中に仁淀川河口に並んだ作業小屋。今年は全て撤去された(佐藤邦昭撮影)

昨年の漁期中に仁淀川河口に並んだ作業小屋。今年は全て撤去された(佐藤邦昭撮影)

景観改善や密漁対策
 23日から始まった仁淀川のシラスウナギ漁が今季から一変している。「仁淀ブルー」の景観改善や密漁対策のため、シラスの集荷業者(指定集荷人)らが河口に設置していた作業小屋を一斉に撤去し、違法な漁具や漁法も取りやめることにした。2年後に密漁の罰則が大幅に引き上げられることを見据え、漁協関係者や集荷業者らがシラス漁の適正化に乗り出した格好だ。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 水産・漁業

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月