2022年 01月21日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.11.26 08:44

高知県が新型コロナ対応ステージ基準変更 医療逼迫度で判断

SHARE


 高知県は25日の新型コロナウイルス感染症対策本部会議で、新型コロナの対応ステージを判断する際の基準の見直しを決めた。ワクチン接種が進んだことで重症化するケースが減少する中、直近7日間の新規感染者数よりも、医療の逼迫(ひっぱく)度合いを重視して判断する=表参照。

 ステージはこれまで通り、感染観察▽注意▽警戒▽特別警戒▽非常事態―の5段階。上から2番目の「特別警戒」は病床占有率が25%以上、最も深刻な「非常事態」は40%以上とした。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 新型コロナウイルス 行政

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月