2022年 01月22日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.11.21 08:45

造型師、かたやまひろしさんが商店街に滞在 創作公開「作品で高知盛り上げる」 高知県南国市

SHARE

「高知にシンクロしたフィギュアを作りたい」と話すかたやまひろしさん(南国市後免町2丁目)

「高知にシンクロしたフィギュアを作りたい」と話すかたやまひろしさん(南国市後免町2丁目)

 南国市で20日開幕した「ソフビ・アートフェスティバル」では、カプセル玩具の「高知人物フィギュア伝」などを手掛けた造型師、かたやまひろしさん(53)が1カ月間、同市に滞在。公開型のアトリエで創作に当たる。

 かたやまさんは「北斗の拳」のフィギュアなどを手掛けた海洋堂初期の原型師。現在は古里の島根県大田市を拠点に活動する。南国市にもジオラマ制作指導などで訪れるなど縁があり、現在もふるさと納税の返礼品として同市出身の歌手、三山ひろしさんのフィギュアを製作中だ。

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 南国市 海洋堂 美術・アート

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月