2022年 01月27日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.11.20 08:40

夜空に神秘の赤銅色 高知県各地で「ほぼ皆既」月食

SHARE

神秘的な姿を見せた部分月食(19日午後6時すぎ、南国市の吾岡山から多重露光で撮影)

神秘的な姿を見せた部分月食(19日午後6時すぎ、南国市の吾岡山から多重露光で撮影)

 19日夜、部分月食が高知県内各地で観測された。最大で満月の約98%が地球の影に隠れる「ほぼ皆既」の月食。わずかに白い輝きを残した赤銅色の月が、神秘的に夜に浮かんだ。

 月食は太陽、地球、月が一直線に並ぶ、満月の時に起きる。前回は5月に皆既月食が観測されたが、県内はあいにくの天気でほとんど見られなかった。

 この日、南国市大そね乙の吾岡山では午後5時半前、三日月のように見える満月が東北東の空に現れた。徐々に細くなり、午後6時ごろには食が最大となった。

 国立天文台によると、これほど深く欠けるのは140年ぶり。次に日本で見られる月食は、来年11月8日の皆既月食という。(森本敦士)
19日午後5時35分からおよそ10分おきに撮影した月の合成写真。南国市の吾岡山から撮影

19日午後5時35分からおよそ10分おきに撮影した月の合成写真。南国市の吾岡山から撮影

高知のニュース 南国市 自然・植物 季節・気候

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月