2022年 01月20日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.11.18 08:36

女性の自立阻む雇用の壁 半数が非正規、コロナで過酷化 明治大学講師・瀬山紀子さんが高知市で講演

SHARE

「多様な人が生きやすく、働きやすい環境にはなっていない」と話す瀬山紀子さん(高知市のこうち男女共同参画センター「ソーレ」)

「多様な人が生きやすく、働きやすい環境にはなっていない」と話す瀬山紀子さん(高知市のこうち男女共同参画センター「ソーレ」)

 女性が自立して生きることの難しさを考える勉強会がこのほど高知市内で開かれ、明治大学兼任講師の瀬山紀子さん(障害学・ジェンダー論)が講演。男女で非正規雇用割合が大きく異なる現状などを挙げ、「ジェンダーや障害など、誰もが自分では選べないものを背負い生きている。(当事者が)そのことに否定感を持たされる社会のまなざしから、どうすれば自由になれるか考えねばならない」と話した。要旨を紹介する。

大きな開き

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 多様な社会 景気・雇用

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月