2022年 01月27日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.11.03 08:40

「紙の門松」印刷で迎春準備 高知市

SHARE

次々と刷り上がっていく2022年用「紙の門松」(高知市上町3丁目)

次々と刷り上がっていく2022年用「紙の門松」(高知市上町3丁目)

 早くも迎春準備―。高知市民らに長年親しまれている「紙の門松」が2日、共和印刷(上町3丁目)で刷り上がった。

 紙の門松は、盆栽好きの創業者が正月明けに捨てられていた大量の門松を見て、もったいないと考案。1952年、約2千枚を印刷し、近隣住民にプレゼントしたのが始まりという。

 今年は同市内の町内会のほか、高知県内19市町村や各地の社会福祉協議会などから注文を受けており、この日は午前9時半に印刷をスタート。色鮮やかでみずみずしい門松が次々と姿を見せていた。

 4代目の酒井陽典社長(67)は「コロナ収束をより強く願う気持ちを込めて、いつもの2倍ぐらい太い竹と文字を描いてます」とにっこり。12月20日から店頭で無料配布するという。(山下正晃)

高知のニュース 高知市 季節・気候

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月