2022年 01月21日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.11.02 08:40

戻りガツオ最盛期「塩たたきお勧め」 高知県黒潮町の佐賀漁港

SHARE

丸々太って脂が乗った戻りガツオ(黒潮町の佐賀漁港)

丸々太って脂が乗った戻りガツオ(黒潮町の佐賀漁港)

 幡多郡黒潮町で、戻りガツオの水揚げが最盛期を迎えている。同町佐賀の佐賀漁港では連日、肥えて脂が乗ったカツオが揚がっており、港は漁師や仲買人らの活気にあふれている。

 戻りガツオは、秋ごろに北の海から南下するカツオで、春のカツオより脂が乗っているのが特徴。高知県漁協佐賀統括支所によると、今年は昨年に続く豊漁で、2月からずっとカツオが取れ続けている。戻りガツオが取れるようになった10月以降は、1日当たり10トン前後が水揚げされているという。

 1日は3隻で約6トン。約3~5キロのカツオは船からベルトコンベヤーで港に運ばれ、サイズ別に仕分け。1匹ずつトロ箱に納められ、県内各地のほか関東や関西の市場へ出荷された。

 同支所の中嶋幸さん(48)は「取れたてはモチモチで甘い。だいぶ脂も乗っているので、塩たたきで食べるのがお勧め」と話していた。(河本真澄)

高知のニュース 黒潮町 水産・漁業

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月