2021年 12月05日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.27 08:41

東京五輪閉会式で熱唱の岡本知高、新曲「ワールド・イン・ユニオン」PRで郷里・高知に「五輪とテーマ共通」

SHARE

波を思わせる衣装を着た岡本知高。「高知でステージに立つ時はウナギで精をつけます」(高知新聞社=山下正晃撮影)

波を思わせる衣装を着た岡本知高。「高知でステージに立つ時はウナギで精をつけます」(高知新聞社=山下正晃撮影)

団結する大切さ歌に
 宿毛市出身のソプラニスタ、岡本知高(44)が9月に配信リリースしたデジタルシングル「ワールド・イン・ユニオン」のPRのため、2年ぶりに帰高した。岡本といえば、東京五輪閉会式で「オリンピック賛歌」を歌い上げた姿が記憶に新しい。この時のエピソードもたっぷり語ってくれた。

 「ワールド―」はホルストの「木星」のメロディーに乗せ、世界が団結する大切さを歌った曲。世界的なソプラノ歌手キリ・テ・カナワが1991年、ラグビーのワールドカップで歌い、以降、大会テーマソングとして流れるなど世界中で愛されている。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 宿毛市 音楽

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月