2022年 08月17日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.26 08:34

【動画】雨上がりに二重の虹 夕暮れの高知市

SHARE



 お街をひとまたぎ―。25日午後5時ごろ、高知市内など県内各地で虹が見られた。高知市では、中心市街地に南北の橋を架けたような大きな二重の虹が出現。街行く人が足を止め、スマートフォンを手に空を見上げて息をのんだ。

夕暮れの空に現れた二重の大きな虹(25日午後5時15分ごろ、高知城から東を望む)

夕暮れの空に現れた二重の大きな虹(25日午後5時15分ごろ、高知城から東を望む)


 くっきりした内側の輪は「主虹」、ぼんやり幻想的な輪の外側は「副虹」と呼ばれる。副虹は、光が水滴の中を2度反射するため、色の並びが主虹とは反対に。太陽の角度や水滴の大きさなどの条件が重ならないと観測できないとされ、幸運のサインとも言われる。

 高知城で眺めていた女性は「端の方までくっきり見えてすごくきれい。登ってきたかいがあった」。

 セピア色に染まった空。日没とともに日中降り続いた雨も上がり、巨大な虹は夕焼けを残してぼやけていった。(飯野浩和)

高知のニュース

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月