2021年 11月29日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.23 08:00

土佐和紙の幻想的作品並ぶ 高知県立牧野植物園で企画展

SHARE

幻想的な土佐和紙作品などが並ぶ企画展(高知市五台山)

幻想的な土佐和紙作品などが並ぶ企画展(高知市五台山)

 牧野富太郎の植物愛を伝えるアート絵本にちなんだ企画展「紡がれた時を纏(まと)う、まきのまきのレター」が、高知市五台山の県立牧野植物園で開かれている。11月28日まで。

 企画を立案した、東京の企画会社「ENYSi(えにし)」の池田健社長(42)は牧野博士の探究心や人柄にほれ込み、2019年に絵本を作った。浜田兄弟和紙製作所(吾川郡いの町)が手掛けた土佐和紙に印刷した特装版も出している。

 会場では、厚さ0・03ミリの土佐典具帖紙(てんぐじょうし)にプリントされた笑顔の牧野博士のイラストや、鮮やかな光の中で土佐和紙が風に舞い浮かぶ作品を展示。県産コウゾでできた縦2・2メートル、横4メートルのスクリーンに紙すき作業の映像が流されるなど幻想的な雰囲気だ。

 愛媛県伊予市の女性(53)は「土佐和紙がこんなにも薄く、美しいものとは知らなかった。立ち止まって見とれてしまいました」と感激していた。(福井里実)

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 催事・イベント 土佐和紙

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月