2021年 12月05日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.19 08:34

残暑から晩秋へ...高知県内、きゅんと冷え込み 今週は寒さ続く 

SHARE

秋風に吹かれ、ススキも寒そうに揺れた(高知市鴨部1丁目)

秋風に吹かれ、ススキも寒そうに揺れた(高知市鴨部1丁目)

 高知県内は18日、数日前までの残暑を思わせる暖かさから、肌寒い晩秋に早変わり。きゅんと冷え込んだ。

 高知地方気象台によると、「夏の高気圧」ともいわれる太平洋高気圧が日本列島から遠ざかり、寒気が流れ込んだことと、放射冷却が相まって急に気温が下がったという。

 県内は16の観測地点のうち、南国市の後免を除く15地点で今季の最低気温を記録。高岡郡梼原町7・1度、吾川郡いの町の本川7・8度など7地点では10度を下回った。

 この1週間は、朝晩に冷え込む日が続きそう。高知市鴨部1丁目の鏡川沿いでは、冷蔵庫から吹いてきたような風がススキを揺らす。道行く人は「きょうは冷やいっ」と、半袖から出た腕をさすっていた。(森本敦士)

高知のニュース 季節・気候

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月