2021年 12月05日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.17 08:32

ちいきのおと(42)春野町西諸木(高知市)伝統の太刀踊り継承へ汗、300年前の飢饉起源

SHARE

担い手8人 勇ましく 10/24 若一王子宮で奉納
 秋は神祭の季節だ。高知市春野町西諸木の若一(にゃくいち)王子宮でも、24日に大祭が行われる。この日、豊作などを祈願し、約300年の歴史をもつとされる太刀踊りが奉納される。大役を担う8人は練習の真っ最中。過疎や少子高齢化で担い手が減る中、伝統の継承へ汗を流している。

太刀踊りの練習風景。紙の束が付いた棒は「フサ」と呼ばれる(いずれも高知市春野町西諸木)

太刀踊りの練習風景。紙の束が付いた棒は「フサ」と呼ばれる(いずれも高知市春野町西諸木)


 トン、トン、トントントン―。10月のある夜。西諸木の公会堂から、小気味よい太鼓の音が聞こえてきた。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 高知市 街ダネ ちいきのおと 地域おこし

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月