2021年 12月03日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.10.09 08:35

月刊マル地スポ パラカヌー小松とメダルを 専属トレーナー・井上由布子さん(四万十市)

SHARE

 東京パラリンピックのカヌー競技に出場した小松沙季選手(27)=電通デジタル。息つく暇もなく、現在は故郷でもある拠点の四万十市で、2024年パリ大会でのメダル獲得を目標に鍛錬の日々だ。その練習場所にはいつも、近くで見守る一人の女性がいる。

練習の合間、笑顔で談笑する井上由布子さん=右=と小松沙季選手(写真はいずれも須崎市浦ノ内東分)

練習の合間、笑顔で談笑する井上由布子さん=右=と小松沙季選手(写真はいずれも須崎市浦ノ内東分)

 「三つ目のブイまで行くがで。見えちょう?」「うん、見えちょう」

 須崎市の浦ノ内湾に浮かぶカヌーと船外機付きの小舟との間で、幡多弁が飛び交う。小舟からの声は専属トレーナーの井上由布子さん(31)。「小中高の同級生です」と言われても信じてしまいそうだが、実はまだ会って半年ほどだ。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 四万十市 高知のスポーツ 月刊マル地スポ

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月