2022年 07月07日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.07.07 08:43

DMVをカレーでPR 高知・海の駅東洋町などで販売 甘口辛口がセット

SHARE

味のモードチェンジも楽しめるDMVカレー

 阿佐海岸鉄道が阿佐東線(安芸郡東洋町―徳島県海陽町)で年内の営業運行開始を予定しているデュアル・モード・ビークル(DMV)をPRする「DMVカレー」が登場した。甘口と辛口がセットになっており、味のモードチェンジが楽しめる。

 DMVカレーは、鉄道好きタレントの鈴川絢子さんがプロデュースし、海陽町の食品会社、丸本が製造。東洋町のポンカンや徳島県の阿波尾鶏など、沿線にゆかりのある食材を使用した。

 こだわりは、DMVのモードチェンジをイメージした味の変化。2種類のカレーをそれぞれ味わってもいいし、混ぜると甘みと辛みのバランスが取れた味になる。鈴川さんは「小さい子どもから、大人まで楽しめる商品になっている」と話していた。

 DMVカレーは税込み959円。海の駅「東洋町」(東洋町白浜)やサンシャイン室戸店(室戸市浮津)などで販売されている。(板垣篤志)

高知のニュース 室戸市 東洋町 グルメ 新商品

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月