2021年 12月06日(月)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.04.17 08:35

高知・安田町のキャンプ場が4/24再開 コールマンと提携、ドッグラン新設

SHARE

増築された管理棟。コールマン商品を扱うショップが入る(写真はいずれも安田町の安田川アユおどる清流キャンプ場)

 安芸郡安田町船倉の安田川アユおどる清流キャンプ場が24日、リニューアルオープンする。犬を連れて利用できるサイトやドッグランを新設したほか、管理棟を増築しコテージも改修。キャンプ用品大手のコールマンジャパン(東京都)との提携も実現し、同町は「大変心強い。交流人口拡大につなげたい」とにぎわい復活に期待を込めている。

ツリーハウスはボルダリングが楽しめる

 1993年8月にオープンした同キャンプ場は、設備の老朽化や利用客の減少を受け、町が再整備を計画。テレビなどでアウトドアの魅力を伝える田中ケンさん(東京都)が経営するダディーズオピニオンに監修を依頼していた。

 キャンプサイトを29から32区画に増やし、子どもがボルダリングを楽しめるツリーハウスを新築した。ユニットバスだったコテージ5棟はトイレとバスを分け、ロフトも設置。うち2棟には暖炉を設置した。

犬を連れて利用できるサイト

 田中さんがアドバイザーを務めている縁でコールマンとの提携も実現。同社は、ショップを展開するなどして全国8カ所のキャンプ場と連携しており、中四国では「安田川―」のみ。管理棟にキャンプ用品を扱うショップを構え、イベント開催なども予定している。

 総事業費は約2億1千万円で、国の交付金や県の補助金を活用し、町の負担は約4千万円。ダディーズ社が指定管理者として運営を担う。

 田中さんは「今回のリニューアルで終わりではなく、リピートしてもらえる仕掛けをつくっていく」と話している。予約や問い合わせは同キャンプ場(0887・39・2266)へ。(植村慎一郎)

高知のニュース 安田町 観光

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月