2021年 12月05日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.02.14 08:45

高知県で日米訓練 南海トラフに備え...米軍機など高知市や四万十町で負傷者搬送

SHARE

負傷者の搬送訓練を行う米軍の中型ヘリUH60(高知市高須の高須浄化センターグラウンド=反田浩昭撮影)


 防衛省と在日米軍が12、13日、高知県や徳島県などで南海トラフ地震を想定した日米共同統合防災訓練を実施した。高知県では米軍ヘリによる輸送艦への負傷者搬送訓練などが行われた。

 高知県を会場とした合同訓練は2013年度に初めて行われ、4回目。防衛省によると、今回は陸海空の自衛隊員約830人と在日米軍約60人が参加。自衛隊は艦艇2隻、ヘリと輸送機計24機を、米軍は中型ヘリ(UH60)3機、輸送機(C130)1機をそれぞれ運用した。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 四万十町 高知市 香南市 防災・災害

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月