2021年 11月27日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.01.26 08:41

クロモジ茶が大人気! 健康番組紹介で出荷7.5倍

SHARE

高知県産クロモジを使った「土佐の黒文字茶」(高知市高須1丁目の小谷穀粉)

生活習慣病予防など効用 県機関でも研究進む
 高知県産クロモジを100%使用したティーバッグが人気を集めている。小谷穀粉(高知市)の「土佐の黒文字茶」。2019年にテレビ番組で紹介されて出荷量は7倍超に急増。クロモジには生活習慣病予防などの効用があるとされ、高知県工業技術センターが研究を続けている。

 クロモジは全国の山に自生するクスノキ科の低木。枝の黒い斑点が文字のように見えるため「黒文字」と呼ばれるようになったとされる。高さ2~3メートルほどに育ち、枝を折ると爽やかな香りがぱあっと広がる。古くからようじや箸に使われ、山間部では茶にして飲む習慣があるという。

健康にもいいとされるクロモジ (中土佐町大野見)

 小谷穀粉は商品化を目指し、クロモジ研究を進めていた高知県工業技術センターや県内3大学と3年をかけて共同開発。枝と葉の配分や焙煎(ばいせん)具合の試行錯誤を繰り返し、すっきりした味わいと香りに仕上げた。

 「土佐の黒文字茶」は高岡郡中土佐町、津野町、梼原町産のクロモジを100%使用。2017年から大手通販サイトなどで販売し、2019年10月にテレビの健康番組で取り上げられ人気に火が付いた。2020年9月までの1年間の出荷量は前年同期に比べ7・5倍に跳ね上がったという。

 クロモジの効用については近年、全国で研究が進む。テレビ番組では老化物質の生成を防いで分解を助けると解説され、愛媛大医学部や信州大農学部はインフルエンザ感染を抑える働きがあるとの研究を発表している。

 高知県工業技術センターは「肥満予防や血糖値改善にも効果があると確認されており、大きな期待を持っている」。機能性表示食品の登録を目指し、研究を続けている。

 小谷穀粉の小谷和弘社長は「クロモジは高知に眠る宝。味にくせがないから飲みやすく、後味もすっきり。今後は海外にもアピールして主力商品に育てたい」と意気込んでいる。

 「土佐の黒文字茶」は20袋入りで税抜き690円。ネット通販のアマゾンや高知市のアグリコレットで販売されている。(福井里実)

高知のニュース 高知市 医療・健康

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月