2021年 10月26日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.01.09 08:50

高知県西部は銀世界 冷え込み、あす1/10まで

SHARE

四万十川に架かる沈下橋には雪がこんもり、つららも垂れ下がった(四万十市佐田)


 高知県内は8日、強い寒気の影響で前日より冷え込みを増し、四万十市や宿毛市などの平野部は一面の銀世界となった。県西部や中部では10日ごろまで断続的に雪が強まる恐れがあり、高知地方気象台は大雪注意報を出して路面凍結などに注意を呼び掛けている。

■関連記事
高知県内寒波 スリップ事故や水道管破損相次ぐ 福岡便欠航も
【写真】高知県西部 雪!雪!雪!
【写真】四万十市 雪ですっぽり

 同気象台によると、この日午前の最低気温は、吾川郡いの町の本川で氷点下7・3度など全16観測地点で氷点下を記録。足摺岬を除いて今季最低を更新したほか、本川、高岡郡梼原町、四万十市の江川崎と中村の4地点は最高気温が0度を下回る真冬日となった。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 四万十市 宿毛市

注目の記事



いかがですか