2022年 07月05日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.01.06 08:36

「悪魔の飽食」の記録(1)ベストセラー生んだ秘密の暴露 今も残す証言生テープ

SHARE

「証言を聞くのが苦しい。なんで俺が聞き手なんだ。そう思うことがよくあった」。「悪魔の飽食」取材の記録を語る下里正樹さん(高知市内の自宅)

ジャーナリスト下里正樹さん(高知市)に聞く
 ある録音テープを聴かせていただいた。ベストセラー本「悪魔の飽食」の執筆に使われた音源だ。
 
 ―マルタ(丸太)に赤痢菌を飲ますわけですか?
 
 証言者「そう。私が生菌を飲ませる。予防接種をしたマルタと、そうでないマルタ。何人かに飲ませて比較する。3日もすれば濃血便が出て、かわいそうなことになる」
 
 ―人体を使って実験するわけですね?
 
 「そう。転帰(死亡)したとなったらすぐに解剖。解剖にもたくさん立ち会った。現地は大変寒い。内臓から湯気が上がった」
 
 ―仲良くなったマルタもいた?
 
 「いました。賢い男もおりましたよ。私の妻にと、シナ靴を編んでくれたマルタもいた。中秋の名月の頃になったら思い出す」
 
 ―人体実験をすることに罪の意識は?
 
 「当時はなかった。すでに死んだ人間だと思えと、徹底的に教育された。そらぁ、はぁ(長いため息)」
 
 ◇ 
 
 「悪魔の飽食」は1981(昭和56)年、大手出版社から発刊されたノンフィクション作品だ。販売部数は翌年発刊の第2部と合わせ、当時だけで280万部を超えた。
 
 「悪魔」とは旧日本陸軍731部隊を指す。日本支配下の中国東北部(旧満州)・ハルビン市郊外で、マルタと称した外国人捕虜たちを日々監獄に運び、閉じ込めて実験材料とし、細菌投与、解剖、細菌兵器や毒ガスの使用実験といった行為を繰り返した。
 
 1981年当時、大半の日本人は、部隊の存在すら知らなかった。作品は戦中戦後、知られることのなかった歴史を世に出した。
 
 著者は作家の森村誠一さん。ただ、作品を厳密に語るならば森村さん単独の取材・執筆ではなく、1人の記者との共同作業(ペアズワーク)だったことは意外に知られていない。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月