2022年 01月20日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2021.01.04 08:36

高知県で若手医師が増加 奨学金受給者が地域へ

SHARE

高知大を卒業し、土佐市民病院で働く医師の冨士田崇子さん。住民の暮らしを支えている(土佐市高岡町甲)

偏在解消には「あと10年」
 医師不足に苦しんできた高知県で近年、若手医師が増加している。40歳未満の医師数は2014年調査の517人を底に、2016年は552人、2018年は570人と回復。県の奨学金を受給した医師が増えてきたことが大きな要因で、今後も増える見込みという。しかし、高知市、南国市以外の地域では医師不足が続いており、県は「医師の偏在解消にはあと10年かかる」としている。

 全国の医師数は2年ごとに厚生労働省が発表。高知県の40歳未満の医師数は、記録のある1996年の818人から減り続けてきた=グラフ参照。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 医療・健康

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月