2021年 12月03日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2020.12.08 08:38

安和駅スタンプ押して 鉄道写真家がデザイン 須崎市

SHARE

坪内政美さん=右=からスタンプを受け取る北沢利文会長(須崎市の安和駅)

寄贈受け 住民「名物に」
 高知県須崎市安和のJR土讃線安和駅にこのほど、鉄道カメラマンの男性が自身のデザインした駅スタンプを寄贈した。スタンプを集める「押し鉄」を楽しむ鉄道ファンは全国に多数。7月から運行している観光列車「志国土佐 時代(トキ)の夜明けのものがたり」の停車に合わせた住民らのにぎわいづくりを後押ししそうだ。
 
 四国を中心に全国で活躍する坪内政美さん(46)=高松市=は、撮影を通して交流のあった地域の活性化に役立ててもらおうと、2008年からスタンプを贈っている。これまでに四国や九州の駅に17個を寄贈しており、高知県内では予土線十川駅(四万十町)に次いで2個目。
 

坪内さんが寄贈した安和駅スタンプのデザイン

 スタンプは直径8センチの円形。縁に「歓迎!太平洋展望の小さな駅へ 土讃線安和駅」の文字を配し、中に双子島や坂本龍馬、観光列車をデザインした。太平洋をイメージして、青色のスタンプ台も用意した。
 
 11月28日に観光列車到着に合わせて安和駅で贈呈式が行われ、乗客らをもてなす集落活動センターあわのメンバーら約20人が集まった。集落活動センターあわの北沢利文会長(71)が「安和駅の名物として末永く使わせていただきます」とスタンプを受け取った。
 
 スタンプは早速観光列車の乗客らが台紙に押して記念に持ち帰っていた。高校生の頃から何度も安和駅を訪れている坪内さんは「安和駅は海を見下ろせ、一度は行ってほしい最高のロケーション。押し鉄ファンがたくさん訪れると思うので、地域の起爆剤にしてほしい」とエールを送っていた。
 
 スタンプは、安和駅では観光列車運転日の午後1~2時、平日(月曜除く)は300メートルほど離れた集落活動センターあわで午前8時半~午後4時半に押すことができる。(富尾和方)

高知のニュース 須崎市 観光

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月