2021年 12月05日(日)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2020.12.08 08:37

GⅠ馬クラリティスカイ土佐清水で余生 ダディー牧場仲間入り

SHARE

あしずりダディー牧場に仲間入りしたクラリティスカイ(土佐清水市三崎)

 高知県土佐清水市三崎の馬の養老所「あしずりダディー牧場」にこのほど、中央競馬で活躍し2018年に引退したクラリティスカイ(8歳牡馬)が仲間入りした。
 
 NPO法人あしずりダディー牧場命の会が運営するあしずりダディー牧場では、引退した競走馬などが余生を送っている。
 
 クラリティスカイは2014年に中央競馬でデビューし、翌年のNHKマイルカップ(GⅠ)で優勝。父のクロフネも2001年の優勝馬で、父子制覇を記録した。引退後は馬事公苑で乗馬となり、2019年3月から福島県の乗馬クラブに移籍していた。
 
 今回は、日本中央競馬会(JRA)を通してダディー牧場に引っ越す話が進んだという。同NPOは「中央のGⅠに勝った馬が高知で余生を過ごすのは初めてでは」という。
 
 2日、馬運車で到着したクラリティスカイを出迎えた人々は「飼い葉食いもいいねえ」とにっこり。牧場は来年にも土佐清水市松尾の唐人駄場に移り、乗馬などの体験型観光を売りにする計画で、関係者は「もう少しで広いところに行けるけんね」と優しく声を掛けていた。(山崎彩加)

高知のニュース 土佐清水市

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月