2021年 10月28日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2020.12.02 08:33

タクシー3社を統合「須崎しんじょうハイヤー」始動 

SHARE

須崎しんじょうハイヤーの出発式であいさつする山本裕司社長(須崎市の同社)

21台・雇用31人「市民の足守る」
 11月末で廃業した高知県須崎市のタクシー全3社の事業を引き継いだ新会社「須崎しんじょうハイヤー」(原町2丁目、山本裕司社長)が1日、営業を開始した。車両は旧3社と比べ8台減の21台で、山本社長は「地域交通の一端を担い市民の足を守る」と意気込んでいる。
 
 旧3社は錦ハイヤー(原町2丁目、所有車両16台)、須崎ハイヤー(新町2丁目、9台)、吾桑ハイヤー(桑田山乙、4台)。新会社は、既に従業員が退職していた吾桑ハイヤーを除く2社から希望者31人を雇用した。うちドライバーは40~70代の23人。車両や無線機も3社から買い取った。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース 須崎市

注目の記事



いかがですか