2021年 11月30日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2020.11.10 08:35

いの町「土佐料理まなべ」11/15閉店 魚屋経て100年愛され…

SHARE

看板メニューの一つであるカツオのたたきを手にする真鍋嘉孝さん(写真はいずれもいの町)

 常連客ら名残惜しむ 高齢、コロナ禍で決断
 高知県吾川郡いの町の中心部で、町内外の人に親しまれてきた「土佐料理まなべ」が15日で閉店する。開店から30年で、前身となった魚屋からは100年近い歴史を持つという名物店。町を代表する宴会場だけに惜しむ声は多いが、店主は自身の高齢や新型コロナウイルスの影響などから決断した。

 店主の真鍋嘉孝さん(68)の祖父が戦前、いの町柳町に「まなべ鮮魚店」を開店。2代目の父親は仕出し業も始め、「より人の流れがあるところに」と、50年ほど前に町役場近くに移転した。…

この記事の続きをご覧になるには登録もしくはログインが必要です。

高知のニュース いの町 カツオと海

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月