2022年 01月20日(木)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2020.10.15 08:41

薄紅150万本 越知町コスモス見頃 テイクアウトマーケットも

SHARE

鮮やかなコスモスが広がる宮の前公園(写真はいずれも越知町越知丙)

まつり中止でも満開
 まつりなくてもにぎやか―。高知県高岡郡越知町越知丙の宮の前公園で、約150万本のコスモスが見頃を迎えている。恒例のコスモスまつりは中止となったが、地域住民らの努力で例年通り満開を迎え、訪れた人を楽しませている。

 宮の前公園のコスモスは毎年、まつりを主催する越知町観光協会の職員や地元有志らが整備。新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年8月にまつりの中止が決定したが、「越知はコスモスの町。花だけは咲かそう」と、住民たちが汗を流してきた。

上北ふたごさんが描き下ろした看板

 例年多くの人が楽しむコスモスの巨大迷路などはないものの、約2・5ヘクタールに薄紅や白の花が咲き誇る。畑の中には町出身の漫画家、上北ふたごさんが描き下ろした絵とともに「来年お逢いしましょう」とのメッセージも掲げている。

 高知市から訪れた和田聡さん(60)は「地元の人たちが今年も頑張って手入れされたと聞いて来た。本当にきれい」。見頃は今週いっぱいになりそうで、17、18日は公園を見下ろす「スノーピークかわの駅おち」でテイクアウトマーケットが開かれる。(楠瀬健太)

高知のニュース 越知町

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月