2021年 12月03日(金)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2020.10.15 08:40

つやつや冬春ナス 高血圧改善効果PR 安芸市で収穫本格化

SHARE

一つ一つ丁寧に収穫されるハウス栽培のナス(安芸市土居)

 ハウスで栽培される冬春ナスの収穫が、高知県安芸市で本格化している。9月には高血圧改善効果がある「機能性表示食品」として登録され、生産者らは消費拡大を期待している。

【関連記事】高知県産ナスが「機能性表示食品」登録 JA 高血圧改善アピール

 JA高知県安芸地区管内はナスの生産量日本一を誇る。メインはハウス栽培の冬春ナスで、毎年10月~6月末に収穫される。今シーズンは安芸市や安芸郡芸西村、安田町、室戸市など約140ヘクタールで約1万9千トンの出荷を見込んでいる。

 安芸市土居の植野進さん(66)もハウスで収穫に大忙し。つやつやと紫色に輝くナスを一つ一つ丁寧に摘み取っていった。植野さんは「出来は今のところ順調。焼きナスやたたきにしてもおいしい。子どもにはピザが喜ばれる」と話していた。

 JA担当者は「新型コロナウイルスの影響でみんなストレスが高まっている。高血圧改善効果に着目してくれればいい。巣ごもり需要も増えており、家庭料理に使ってもらえれば」と期待していた。(森部智成)

レシピ動画公開中
 安芸市の農家らでつくる施設園芸品消費拡大委員会は、動画投稿サイト「Youtube(ユーチューブ)」でたたきやピザなどナス料理4品のレシピを公開している。

 農家の女性が「なすマダム」として登場。「チーズはどっさり乗せよ」「いやー、うまそう」などと楽しく料理する様子が見られる。ユーチューブ内で「なすマダム」で検索すると視聴できる。

高知のニュース 安芸市

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月