2022年 08月20日(土)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2020.08.24 08:38

クロベンケイガニ「集結」 四万十川河川敷 満潮見計らい産卵へ

SHARE

四万十川に注ぐ導水路に“集結”したクロベンケイガニ(四万十市角崎)

 酷暑にも生命たくましく―。連日、気温35度以上を記録した高知県四万十市の四万十川河川敷に、クロベンケイガニが“集結”している。

 国土交通省が四万十市角崎に建設したコンクリート製の導水路(長さ約140メートル、幅約2メートル)。クロベンケイガニは太陽が沈む1時間ほど前から姿を現し始め、日没直後は、数え切れない個体がごく浅い水面を埋める。

 県立足摺海洋館「SATOUMI」(土佐清水市三崎)などによると、生息するのは主に汽水域の河川敷など。夏の大潮の夜、満潮を見計って集団で水辺に出て産卵(幼生放出)するという。

 とすると、四万十川本流につながる導水路は格好の“出発駅”。産卵という大仕事に向け、皆で励まし合いながら「その時」を待っているように見えた。(島本正人)

高知のニュース 四万十市

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月