2021年 10月27日(水)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2020.08.23 08:35

ドライブスルーで夏祭り 車内にいながらスイカ割り...香南市で住民有志が企画

SHARE

車内からボール入りの袋を釣る子ども(香南市野市町土居)


 香南市野市町土居の市道を会場にしたドライブスルー形式の夏祭りが22日、始まった。訪れた人は車内にいながら“お化け屋敷”やスイカ割り、くじ引きなどが楽しめる仕掛けで、大勢が楽しんだ。23日まで。

 国道55号沿いにある香取神社の夏祭りを毎年、企画、運営しているボランティアサークル(近藤洋好代表)が主催。新型コロナウイルス下に、3密を避ける方式として発案し、市内有志と実施した。

 祭りの会場は、田んぼの中を走る市道約160メートル区間。受け付けを済ませた車が進むと、まず大勢のお化けがお出迎え。周囲を、血のりを付けた女性らがぐるぐると回り、車内の子どもたちは「怖い」「いやいや」と、涙目で座席に顔を伏せていた。

 続けて誘導に従い、窓越しに玉入れや射的、袋入りのスーパーボール釣りなどにも挑戦。景品のお菓子をたくさんもらった子どもたちは、にっこり笑顔になっていた。高知市の江陽小学校6年の田村昴大君(12)は「最初はどんなもんか想像できなかったけど、たくさん遊べて楽しかった」と声を弾ませていた。

 23日は正午~午後7時に実施する。最終受け付けは同6時。大人のみで来場は不可。(川嶋幹鷹)

高知のニュース 香南市

注目の記事



いかがですか