2021年 11月30日(火)

現在
6時間後

こんにちはゲスト様

2020.08.19 08:38

大川村の小麦で焼き菓子「みそまる」健康志向で村をPR

SHARE

 高知県土佐郡大川村船戸の直販所「村のえき」にこのほど、大川村産の小麦やみそを使った焼き菓子「みそまる」が登場した。考案した住民たちは「村を代表する土産にしたい」と意気込んでいる。

 直販所を運営する集落活動センター「結いの里」のメンバーら約10人が、地元で古くから栽培されている小麦や手作りみそを使い、昨秋から「誰もが楽しめる健康志向」のお菓子作りを進めてきた。

焼き菓子の「みそまる」。プレーンとプチベール入りがセットになっている

 考案した焼き菓子は優しい甘さでみそがほのかに香り、口の中でホロッと砕ける。プレーンのほか、村産の芽キャベツ「プチベール」の粉末を練り込んだものも作った。「みその風味を保ちつつ甘みと食感を出すのに苦労した」という。

 メンバーの長瀬尚子さん(66)は「村の元気の結晶。これからも村をPRする商品をどんどん作りたい」と話していた。

 いずれも税込みで、10枚入り400円、17枚入り600円。問い合わせは、結いの里(0887・84・2233)へ。   (竹内将史)

高知のニュース 大川村 イベント_グルメ

注目の記事

アクセスランキング

  • 24時間

  • 1週間

  • 1ヶ月